日本車と比べること自体が間違っている!故障は個性と考える方でないと毎日がストレス

過酷な場所でも活躍できるのは日本車

外国車の性能は著しく向上しており、購入の際の選択幅が広がっています。しかし、街にある中古車屋に行って、お勧めの車はと訪ねて返ってくる車は日本車が大半、中古車になると性能の開きは大きくなります。欧州車も性能が優れている評価を受けていますが、これは他の外国車と比べてのこと、砂漠や熱帯雨林など車が故障をしたら死活問題になる過酷な場所では決まって故障リスクの低い日本車が活躍しています。メンテナンスのことも考慮した造りになっていることも、日本車が愛される理由です。

そもそも車に求める基準が違う

外国車は輸送費や税金が加わるため高級車の扱いを受けていますが、車種やグレードによっては地元では大衆車、もともと性能に問題がある外国車の大衆車ですから当然に完成度はさらに低いです。日本では家電製品でガラパゴス化が問題になりますが、日本人と比べ外国では車に対して乗れば良いと考える方も多く、新車納入時から歪みがあることも珍しくありません。中古外国車を購入する場合は、故障は付き物、故障は外国車の個性と捉える方でないと運転する度にストレスを抱える羽目になります。

故障リスクは中古車選びで重要

幸のことに日本の国土は狭く、車が故障をしても救急に駆けつけてくれるシステムが確立されているので、日本車に比べ故障リスクの高い外国車でも世間に迷惑をおかけすることなくカーライフをエンジョイすることが出来ます。いまだに日本車は個性がないからとの理由で外国車を選ぶ方がいますが、性能が良い車は沢山売れるため世の中に多く出回り、故障が多い車を自ら選択する方は珍しいため外国車が世の中に出回ることは少なくなります。出回る数が少ないと個性があるように錯覚するだけで、外国車の地元へ行けば溢れるほど街に走っています。車は便利なツールですが事故を起こせば生命にも関わるため、故障リスクは中古車選びで重要になります。

ボルボの中古車を安く買いたいのなら、郊外の中古車ショップの方がお値打ちで、アフターサービスもしっかりしています。